こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

薄暮教室

  • ウ-20 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • はくぼきょうしつ
  • 碧海
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 290ページ
  • 1,000円
  • 2018/09/09(日)発行
  • 【2018年既刊】【web再録・再編集版】

    ※こちらはwebにて連載していたものの再録・再編集版です。web連載についての詳細はこちらをご確認ください。→http://twitter.com/Aomi__U/status/1030767121280589824 

    いつも西日の差しているそこは、薄暮教室と呼ばれていた。

    時は大正。とある片田舎の小さな町で、旅人は一人の若い男に出会う。桜の影をまとい、柔らかな木漏れ日に笑う彼は、子ども達の「先生」であった。翳りゆく季節、僅かずつ、しかし確実に擦り減っていく先生の憂う深い眼差しの先に、旅人は己の終着駅を見定めるのか――

    約三年にわたりweb連載したものに加筆修正を施した完全版、長編第一弾。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

君が眠る空、僕の帰る場所。薄暮教室 帝都教師追憶編薄暮教室 師範学校青春編薄暮教室

「気になる!」集計データをもとに表示しています。