こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

菊を食む

  • オ-28 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • きくをはむ
  • 久志木梓
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 74ページ
  • 500円
  • http://kateinotsuru.jugem.jp/…
  • 2017/10/28(土)発行

  • 血筋からは逃げられない

    それでも

    わたしは生きよう

    名前もわからない

    囚われの貴き幼子

    重臣の継嗣である

    野心的で傲慢な貴公子

    高貴な血統にふさわしくない

    自分の精神性を忌む少女

    血に縛られ呪われ

    それでも生きた彼らの人生を

    三つの祭りの日をフレームにして切り出した

    短編集


    試し読みはこちらからどうぞ(外部サイトへ飛びます)。
    http://kateinotsuru.jugem.jp/?eid=39

    ※中島夏子は久志木梓の旧筆名です

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

訳詩集 僕の五臓を引きちぎります碧眼菊を食む当に帰るべし(上)当に帰るべし(下)お宮の壁の中に粽を投げ入れた話

「気になる!」集計データをもとに表示しています。