こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

当に帰るべし(上)

  • オ-28 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • まさにかえるべし じょう
  • 時任三文子 久志木梓
  • 書籍|A5
  • 32ページ
  • 500円
  • http://kateinotsuru.jugem.jp/…
  • 2018/5/6(日)発行
  • 彼は帰るのだという

    山の向こうの”正義の国”へ

    ――母と妻と子を捨てて

     

    正義の国に帰るのだと言い張って、母と妻子を故郷に置いていく男の、本心の話です。

    上下2巻、完結済み。漫画。

    【あらすじ】

    魏からの降将である姜維(きょう・い)は、秦嶺山脈、魏と蜀の国境の山々をよくながめている。

    ある日、諸葛亮の右腕である費禕(ひ・い)は姜維の腹中を探りに行くが……。

    滅亡してもなお蜀に執着しつづけた姜維の原点を描くストーリー漫画の上巻。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

訳詩集 僕の五臓を引きちぎります碧眼菊を食む当に帰るべし(上)当に帰るべし(下)お宮の壁の中に粽を投げ入れた話

「気になる!」集計データをもとに表示しています。