こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

『建築と日常』No.3-4(特集:現在する歴史)

  • カ-32 (評論|建築・都市計画)→配置図(eventmesh)
  • けんちくとにちじょう
  • 長島明夫=編
  • 書籍|A5
  • 1,944円
  • 2015/03/31(火)発行
  • 「今、ここ」が断片化・絶対化する社会で、建築を介して歴史が現在することの意味を顧みる。香山壽夫、坂本一成、富永讓、岡﨑乾二郎ら現代の第一人者のほか、時空を超え、大江宏(1913-89)、吉田健一(1912-77)らを生き生きと誌面に召喚。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

『建築と日常』No.5(特集:平凡建築)『建築と日常』No.3-4(特集:現在する歴史)建築と日常の文章(『建築と日常』号外)建築と日常の写真(『建築と日常』号外)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。