こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

建築と日常の文章(『建築と日常』号外)

  • カ-32 (評論|建築・都市計画)→配置図(eventmesh)
  • けんちくとにちじょうのぶんしょう
  • 長島明夫(文章・写真・編集・発行)
  • 書籍|A4
  • 56ページ
  • 1,296円
  • 2018/11/25(日)発行
  • 『建築と日常』編集発行者である長島明夫初のテキスト集成。日本文藝家協会『ベスト・エッセイ2014』に選出されるなど文筆にも定評のある長島が、雑誌創刊以降に書いた文章をまとめました。個人雑誌制作の状況、建築・書物・映画・写真……、親愛なる作家たちのこと、当世風物批判、日常の経験の言語化。約10年間、およそ20万字の孤独な思考。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

『建築と日常』No.5(特集:平凡建築)『建築と日常』No.3-4(特集:現在する歴史)建築と日常の文章(『建築と日常』号外)建築と日常の写真(『建築と日常』号外)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。