こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

息 -Psyche- vol.2

  • ス-34 (小説|SF)→配置図(eventmesh)
  • ぷしゅけーつー
  • アナクロナイズド・スイミング
  • 書籍|A5
  • 100ページ
  • 500円
  • 2018/11/25(日)発行

  • 「架空の国の架空の言語で綴られた文章を翻訳する」というテーマで書かれた創作アンソロジーです。
    存在しない国/島/民族の、存在しない民話/手記/書状/創世神話などが集まりました。


    【特集「知られざる国のものがたり」】

    梅宮
    「中東の『話屋』から聞いた物語」
    タイトルに反して、とある歴史学者の報告書から本文は始まります。『王家がいかに偉大かつ神聖であるか、また、その権力の正当性を証明してほしい』との依頼を受けた彼は、王権の所以とされる叙事詩『ミメーラーク』をひもといていきますが――

    渋江照彦・伊予夏樹・江坂正太
    「アルダン共和国関連文書の紹介 ~主に偽魔術師の盛衰を中心として~」
    かつてその島国では『偽魔術師』と呼ばれる人々が活躍していたとか。年代記、書状、パン屋の日記。三種の文書の紹介によって、偽魔術師の姿がほのかに浮かび上がります。

    稲田一声(17+1)
    「空から塔が降ってきた話 ~《影重なる地》族に伝わる民話~」
    かのマルコ・ポーロも訪れたというオログアの大地。そこへ突如現れた巨塔と、下敷きになった若者の死体。四つの民族/言語/証言にまつわるミステリふうの民話です。脚注も合わせてどうぞ。

    淡中圏
    「ハイブリディーン諸島の創世神話」
    本来なら『息 vol.2』にはもう一人、我々の共通の友人「K」も参加するはずでした。しかし彼は、「ハイブリディーン諸島の創世神話」を調べに日本を発ったきり姿を消してしまいました。そんなKが最後に送ってきたメールを翻訳しました。

    (表紙写真:斉藤羊)




ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

息 -Psyche- vol.3息 -Psyche- vol.2息 -Psyche- vol.1

こちらのブースもいかがですか? (β)

渦巻栗  千柩堂  ひとり部屋図書  ヒノ式  inuibooks  動物学特論  アトリエサード  He,Who,Me  bnkr  C1講義室  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。