こちらのアイテムは2018/11/25(日)開催・第二十七回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十七回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

イングルヌック第二号

  • B-35 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • いんぐるぬっく
  • 猿川西瓜、新城理
  • 書籍|B6
  • 86ページ
  • 400円
  • 2016/06/12(日)発行
  • イギリスからデジタル・アーカイブまで、短編・エッセイ7作の詰め合わせです。
    テーマは「幽霊」。
    ひねくれた、幽霊をテーマにしながら、ひねくれきって書きました。
    幽霊は、ひねくれている。しかし、ド直球である。

     ごちそうさま/新城理
    人は、幽霊のように扱われることもある。母が、幽霊を生み出す。ホラー短編。

     黄金と黄泉/猿川西瓜
    錬金術と降霊術にまつわるファンタジー小説。絶対予想できない結末に向かう。

     ホテル・グローセスの幽霊/新城理
    日本人女性が、イギリスで、幽霊の紳士と出会い、対話をする。紳士の回答はいかに。純文学短編。

     インデックス/猿川西瓜
    デジタルアーカイブに幽霊は存在するか? 答えはイエス。記録することと幽霊は関係している。資料整理小説、といえる。

     あの世から片想い/新城理
    友達はこの話を聞くと、必ず「気味が悪い」と言う。
    「怖い」じゃないのか? と訊き返すと、友達は決まって、 「だってそれ、幽霊というには、なんか変だ」 と返す。
    キスマークをめぐる、予測不能のホラー掌編。

     エッセイ お昼に/猿川西瓜
    著者が大学の同期に実際に殺されそうになった話。リアルです。めっちゃ真剣に読んで欲しい。

     演奏/新城理
    Google先生の準備をして欲しい。ここに記された曲名をちゃんと、Google先生をつかって検索してほしい。ホラー掌編。



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

イングルヌック第四号イングルヌック第三号イングルヌック第二号イングルヌック第一号嘘つきコルニクス

「気になる!」集計データをもとに表示しています。