こちらのアイテムは2018/11/25(日)開催・第二十七回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十七回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」

  • C-38 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • にんぎょうしょうせつあんそろじーひとがたり
  • 杉背よい 柳田のり子 匹津なのり 西乃まりも
  • 書籍|A5
  • 116ページ
  • 400円
  • 2016/09/18(日)発行
  • 人形。ヒトガタ。
    その儚さと輝き。

    バンドマンと紳士人形、
    原生人間とクローン人間、
    着付教室の生徒とマネキン人形、
    女神像と巫女。

    ヒトの形をしたものと、それを取り巻く人々が織り成す四つの物語。


    ☆☆収録作品紹介☆☆

    杉背 よい 『シンギング・オブ・粉骨』

    ある日神様は無名のミュージシャン、ハスミが懸命に歌う姿に見入る。
    神様は気まぐれに人形を男の元へ使わせることにした。その名も藤井。
    姿はおっさん。藤井はハスミに囁いた。
    「この藤井と、契約してみませんか──」

    *****

    柳田 のり子 『別世界』

    市民のほとんどが人工子宮から生まれる未来都市で、自分の体を使って
    妊娠・出産することに興味を抱いたクレマチスは、未加工の遺伝子を持つ
    「原生人間」の男を探し始める…… 

    *****

    匹津 なのり 『繭子さんも私も』

    着付け教室で和装マネキンの性格を妄想している「ぼっち」の主人公、麦子。
    静かに傷付き続ける彼女のもとに、ビスクドールの瞳を持った不思議な女性が現れる…… 

    *****

    西乃 まりも 『弔う火』

    五十年に1度、作り変えられる女神像。その節目の巫女と
    なるために育てられたマナは、女神を祀る神殿へと居を移した。
    そこで彫像の製作者・玉蓉と出会うのだが……

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【委託】蒼衣さんのおいしい魔法菓子翼交わして濡るる夜は人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」本の感想集「書くことより 読むことのほうが」映画感想集「血なまぐさい人間たちの中にたった一人エンジェルがいた」【新刊】【横長本】熊本旅行記

「気になる!」集計データをもとに表示しています。