こちらのアイテムは2018/11/25(日)開催・第二十七回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十七回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

お宮の壁の中に粽を投げ入れた話

  • B-45 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • おみやのかべのなかにちまきをなげいれたはなし
  • 久志木梓
  • 書籍|A5
  • 5ページ
  • 100円
  • 2018/11/25(日)発行

  • 祭りの日

    2人の少年の人生は

    一瞬だけ交差し

    すぐにすれちがった――

    王様の住む宮殿の

    その壁の向こうには

    とうといお人のお子が

    囚われている

    あのときの「私」は

    それがとても

    かわいそうに思えたのだ

    今日がお祭りの日だと

    知りもしないであろう

    あの子たちが


    名もなき一般人が語るタイプの歴史物です。

    本文全文はこちらで読めます。

    https://kakuyomu.jp/works/1177354054884241622

    ※当サークルのお試し用小冊子です。

    別冊の短編集『菊を食む』に収録された短編のショートバージョンを

    新たに挿絵をつけて再編集しました。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

訳詩集 僕の五臓を引きちぎりますお宮の壁の中に粽を投げ入れた話碧眼菊を食む

こちらのブースもいかがですか? (β)

原廠設計局  藤つぼ  大坂文庫  たとる出版  巡風堂  いくそす。  すとわーるど  みかんの星  Floriental  南木堂  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。