こちらのアイテムは2018/11/25(日)開催・第二十七回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十七回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

微笑みと微睡み

  • B-49〜50 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • ほほえみとまどろみ
  • 泉由良
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 88ページ
  • 500円
  • 2018/08/27(月)発行
  •  駅のなかにあるカフェは、凹凸のある厚手のギフト用ボックスで出来ている。 駅自体はこの街で一番大きな建物だ。否、駅のなかに街が造られたのだろうか。


     たぶん私たちは、本当に永いあいだ安らかに暮らしてゆけるし、終わりなんてものはこない。その証拠に、私はいつからこの家に住んでいるのか分からないし、自分が何歳なのかも知らないのだから。それが、この街に住まう者のルールだと、私はそう思っていた。

     駅のなかの迷宮のような街のなかに住まい、死や別れ、日々の終わりを過ごすこと無く生きてきた住人たちのひとりの女性はある日、街の外に脱出を試み失敗した友人を喪う。
    「この街の秘密が知りたい?」
     酒場で出合った少年が蠱惑的に問う。この街でたったひとりだけ歌を歌える人間、陶子。
    街の仕組みが綻び始めてゆく……この本は、何処へ? シュールなファンタジィの夢と目醒め。



    本書は2002年ウェブサイト「浮遊区域」に掲載していたものを元に、
    2014年に雲上回廊『幻視コレクション 想い焦がれる追憶の行方』に寄稿した「微笑みと微睡み」に加筆をしたものになります。

    https://buff.ly/2M6tCrv


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

詳しい予感ウソツキムスメすな子へ  [改訂版]soyogui, その関連微笑みと微睡みミルチリカルPoetry Sky Walker火は綺麗worst e.p.文藝誌オートカクテル2015-耽美-文藝誌オートカクテル2016-手紙-いつかの水晶山キャンディと王様第1巻キャンディと王様第2巻キャンディと王様第3巻空は青くなかった水晶山秋子さん試し読み♪  キャンディと王様Lost girls calling.戦場の風使い田中建築士の家天地創想赤ちゃんのいないお腹からは夏の匂いがする青い絵を透く日差しと添う線子供の晩年

「気になる!」集計データをもとに表示しています。