こちらのアイテムは2017/5/7(日)開催・第二十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

アニバタ Vol.6 [特集]最近の京都アニメーション

  • カ-39 (評論|アニメ・マンガ・ゲーム)→配置図(eventmesh)
  • あにばた ぼりゅーむ ろく とくしゅう さいきんのきょうとあにめーしょん
  • 鈴木 ピク
  • 書籍|B5
  • 1,000円
  • 2013/11/04(月)発行
  • アニメを井戸端で語りつくす本「アニバタ」。本誌では大ヒット作品『けいおん!』ののち、自社企画を手掛けることが多くなった『日常』以降の作品について、大勢の執筆者が論じた。

    対象となるのは、角川書店の作品を原作に持つ『日常』および『氷菓』、ならびに自社のライトノベルレーベル『KAエスマ文庫』から関連書籍が出版されている『中二病でも恋がしたい!』、『たまこまーけっと』および『Free!』の全5作品である。

    『日常』以降の作品群は『けいおん!』と打って変わりマイナー志向の作品が多く、大ヒット作品は生まれていない。そのため、ややもすると軽視されがちであるが「京アニクオリティ」はいまだ健在である。本誌によって最近の京都アニメーションの新たな一面をきっと見つけることができるはずだ。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

5年たってもアブラムシ —TVアニメ『true tears』放送5周年記念評論集—アニバタ Vol.4・5 [特集]P.A.WORKS (1)総論ほか編・(2)作品各論編アニバタ Vol.6 [特集]最近の京都アニメーションアニバタ Vol.9 [特集]けいおん! & たまこラブストーリーアニバタ Vol.10 [特集]洲崎西アニバタ Vol.11 [特集]2010年代のアイドルアニメアニバタ Vol.12 [特集]プリキュアアニバタ Vol.13 [特集]アニメ評論界隈の人々の告白アニバタ Vol.14 [特集]アイドルマスター シンデレラガールズアニバタ Vol.15 [特集]ラブライブ!アニバタ Vol.16 [特集]聲の形

「気になる!」集計データをもとに表示しています。