こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

忍者はそこにいた

  • キ-32 (小説|ライトノベル)→配置図(eventmesh)
  • にんじゃはそこにいた
  • 添牙いろは
  • 書籍|A5
  • 300円
  • 2015/08/15(土)発行
  • 前作『忍者なんていなかった』にて
    輝山の前から消え去ったと思われていたきの子だったが、
    ふたりの絆はそう簡単に断ち切れるものではなかった。
    運命は彼らを引き合わせ、結びつけ、
    書き換えられた未来を復元しようと動き出す!
    公園で、職場で、道端で……
    あらゆる場所で裸になるきの子の誘惑に、
    輝山は逆らえずに飲み込まれていく……!
    そして、夫の裏切りを知った妻が取った行動とは……!?

    【初出展:文学フリマ東京21】

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

不知火提督の雄豚牧場忍者はそこにいた忍者なんていなかった僕と私の露出日記艦が娘になるとき彼女は忍者をまちがえている兄は指揮官に 妹は銃殺刑に

「気になる!」集計データをもとに表示しています。