こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

忍者なんていなかった

  • キ-32 (小説|ライトノベル)→配置図(eventmesh)
  • にんじゃなんていなかった
  • 添牙いろは
  • 書籍|A5
  • 300円
  • 2015/05/04(月)発行
  • 学生カップル・鷹池と輝山は、
    二人きりになれる場所を探していた。
    街中を彷徨い、人目がないと分かると裸になり、
    青空の下でせっせと子作りに励むのだった。
    これまでの裸族忍者シリーズより時代は遡り、
    5年前の話になっております。
    シリーズモノとはいえ、
    この作品だけ読んでも楽しめるように頑張りました。

    【初出展:文学フリマ東京20】

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

不知火提督の雄豚牧場忍者はそこにいた忍者なんていなかった僕と私の露出日記艦が娘になるとき彼女は忍者をまちがえている兄は指揮官に 妹は銃殺刑に

「気になる!」集計データをもとに表示しています。