こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

彼女は忍者をまちがえている

  • キ-32 (小説|ライトノベル)→配置図(eventmesh)
  • かのじょはにんじゃをまちがえている
  • 添牙いろは
  • 書籍|A5
  • 300円
  • 2014/11/17(月)発行
  • コンピュータゲーム部、通称コゲ部に所属するゲーム好きの高校生プログラマ輝山工祐(きやまこうすけ)は、かつてはゲーム業界を目指していた。
     だが、実際にゲームの制作現場で働く父から伝えられる現実を前に、夢を諦め、コゲ部から退くのだった。
       その一年後、コゲ部の後輩たちから、部が直面している問題を解決するために戻ってきて欲しいと懇願される。
       部員たちから聞くコゲ部の現状をコスティキャンのゲーム論文『I Have No Words & I Must Design』と照らし合わせていくうちに、輝山はゲームの本質に気がついていく……。

     ……というのが、物語の骨子なのですが、女の子によるお色気要素が強いため(18禁ではないと、著者は思っていますが......?)、ゲームについて真面目に考えたい方には『ゲーム会社でつくったゲーム(http://soekiba.net/game/)』の方をオススメしております。

    【初出展:文学フリマ東京19】

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

不知火提督の雄豚牧場忍者はそこにいた忍者なんていなかった僕と私の露出日記艦が娘になるとき彼女は忍者をまちがえている兄は指揮官に 妹は銃殺刑に

「気になる!」集計データをもとに表示しています。