こちらのアイテムは2015/5/4(月)開催・第二十回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

うそつき、祈祷師になる

  • ア-04 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • うそつききとうしになる
  • 日野裕太郎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 300円
  • 2015/05/04(月)発行
  • 新刊。
    おさないころは兄とふたり、他人には見えないものを共有していた。
    ひとり成長したセンは、自分の特異な資質を誰にも打ち明けずにいた。
    やがて見合い話が舞いこみ有頂天になるものの、先方の家にはよくない噂とべったり張りつく黒いものがいて……。

    剣や魔法の出てこない、土着系ファンタジー。
    表題作ほか短編一編収録。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

うそつき、祈祷師になる淀んだ川で待っている月に吠えるうがたれざるもの遠くで猫は苛々している凛逢妖譚 〜夜明けの晩の、あやかし語り夏煉喧噪曲スイング・スイング歩きながら彼女たちは

「気になる!」集計データをもとに表示しています。