こちらのアイテムは2022/10/2(日)開催・第七回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

やがて失われていく色彩と

  • い-14 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • やがてうしなわれていくしきさいと
  • 森瀬ユウ
  • 書籍|その他
  • 74ページ
  • 1,000円
  • 2021/12/01(水)発行

  •   わたし|ぼくの目の前に広がる景色には色があり、音があり、温度がある。けれどもそれをどうやってあなたに伝えればいいだろう。同じようにわたし|ぼくの中には感情があり、思考があり、魂を持った肉体で世界のあらゆる事象と対峙している。それをどうやってきみに伝えればいいだろう。

       ……言葉を、文字を。  書き続けなければ。

      ***
     散文詩、掌編小説、知らない誰かの日記、……言葉と写真を織り交ぜた、名前をつけることのできない、これは北の大地から届いた「手紙」。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【新刊】翼のないまま飛翔する昨日までの冬籠りやがて失われていく色彩とWeather Report #1-3

「気になる!」集計データをもとに表示しています。