こちらのアイテムは2022/9/25(日)開催・第十回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第十回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

FLUTTER IN DAWN

  • C-33 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • ふらった・いん・どん
  • ソラノリル
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 188ページ
  • 600円
  • 2022/05/22(日)発行

  • この国の中枢は、八つの機関から成り立っている。
    法務を司る第一機関、外交を司る第二機関、財務を司る第三機関、そして、公安を司る第四機関というように。
    そして近年、秘密裏に発足したと囁かれているのが、公には存在しない九番目の組織――粛清を司るといわれる第九機関だ。
    あらゆる違法行為――殺人さえも、第九機関が“執行”すれば、それは“超法規的措置”の扱いになる。

    ――生きるも、死ぬも、自分で決めてぇんだよ、俺は!

    《第四機関》に所属していた昴(スバル)・シラハは、ある夜、上官から、公安の機密文書を隣国の反社会的勢力に渡すよう指示される。
    自分の無力さに絶望していたところ、文書を回収する命を受けて現れた永(ハルカ)・クロセと出会い、《第九機関》に導かれ、永とペアを組むことになる。
    正義感の強さから《第九機関》の在り方に反発していたが、永と任務をこなす中で、自身の生きる道を見出していく。

    ――撃って、撃って、その果てで、誰かに殺されて死にたかった。

    一方、永・クロセは、たった一人の家族であった兄と共に、生きるため《第九機関》に所属していた。
    しかし、任務中に兄を喪い、以後、機械人形のように銃を撃つ日々を送るようになる。
    兄という世界のすべてをなくした永だったが、昴と出会い、時間を共有するうちに、止まっていた永の時間も動き出していく。

    ――誰よりも生きてほしかったひとが、俺に生きろと言って死んだ。だから俺は死ねない。死ねないんだ。

    誰かを守って死にたかった青年と、
    誰かに殺されて死にたかった青年が、
    生きることを選択するまでの物語。

    + + +

    「第九機関」シリーズ第3弾です。
    ※同じ国(組織)を舞台にしているのでシリーズとしていますが、各々ストーリーは独立しているので、単独でもお楽しみいただけます。

    【試し読み】
    https://kakuyomu.jp/works/16816927860775900899

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

COFFIN THE MEMORYFLUTTER IN DAWNCLIMB TO HELLディア・ピグマリオンパペット・チルドレン〈新装版〉

「気になる!」集計データをもとに表示しています。