こちらのアイテムは2020/9/6(日)開催・第八回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第八回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

星巡の業と僥

  • B-21 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • ほしめぐりのごうとぎょう
  • 志槻 黎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 336ページ
  • 1,000円
  • 2019/10/20(日)発行
  • 既存の世界は生きづらい

    「己の理想の世界を構築する」ために活動する武装組織《愚者の楽園(ドゥラークラーイ)》。
    その指針ゆえか急速に肥大化・暴走した組織は、世界中で破壊活動を繰り返していた。各々の理想のためだけに、その他大勢を犠牲にして。

    その組織に対抗する戦闘組織《ヴォルク》が突き止めた『無秩序な敵を食い止める鍵』は、何の変哲もない一人の少女だったー。
     

    世間に馴染めない「愚者」たちが、自身の理想のために奔走し、時に傷つき時に成長しながら藻掻く物語。
    武装組織、宗教、裏切り、近親愛、同性愛、流血など様々な性癖を詰め込んでいますのでR15表記させて頂いております。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

兼吉青春議事録オーバードライヴLAST-IMPACT獣醒-ジュウセイ-銃声極東帝国史泡沫の如く、サイセイの屍星巡の業と僥

「気になる!」集計データをもとに表示しています。