こちらのアイテムは2019/9/8(日)開催・第七回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

すきまを行列がゆく

  • C-12 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • すきまをぎょうれつがゆく
  • 紺堂カヤ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 38ページ
  • 300円
  • 2017/11/23(木)発行
  • 紺堂カヤ初の200字小説集。
    ツイッターにて「140字小説」として流していたものを200字に書き直した作品を中心に、書き下ろしも含め、全35編を収録。
    くすり、と笑えるものから、少し毒をまぶしたものまで、多種多様な内容となっております。
    詩歌より長く、短編小説よりは短い「隙間を蛇行するような」物語たちをここに。

    表紙絵:すえひろ(スペシャルゲスト)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

口笛、東風となりて君を寿ぐ石壁破りて蘭は咲く手ノ鳴ルホウヘ君の隣で旅立つ準備ごはん、できてます。すきまを行列がゆく繋ぎ屋台帳繋ぎ屋台帳2〜滲んだインク〜繋ぎ屋台帳3〜結びの両端〜ランガナタンの手のひらでアンノウン水銀灯の夢つばめの巣 第12号ティアドロップが壊れる

「気になる!」集計データをもとに表示しています。