こちらのアイテムは2017/3/26(日)開催・第一回文学フリマ前橋にて入手できます。
くわしくは第一回文学フリマ前橋公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

夾竹桃

  • オ-14 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • きょうちくとう
  • ななつほしなみ
  • 書籍|B6
  • 143ページ
  • 400円
  • 2014/02/02(日)発行
  • ~あらすじ~

     もう直ぐ我が身にやって来る死を恐れながらも、生に執着出来ない少女鼎(かなえ)は、美しいものに心慰められる、と語る少年明星(みよせ)に出会う。彼と話す内に、彼女は幼い頃、夢の中で名前の無い友達と遊んだ事を思い出してゆく。彼女は死という夢幻の旅路へと踏み出すのか。それとも死を否定し続けるのか。夢と現とが混じり合う中で、彼女が行き着いた世界とは。


    ~サンプル~

    「でも、僕を呼ぶなら一つだけ」

     家の前に着くと、また目の前で膝を突かれる。目線が勝ち合って、何となくくすぐったい。なあに、と問うと、ほんのり悪戯っぽい表情が見えた。

    「さっきみたいに、下の名前で呼んで欲しいなって」

     驚いて何回も瞬きをすると、明星はにこにこと笑って立ち上がる。ああ嬉しそうな顔をしてる、と思って、不思議とほっとした。空を仰ぐと、月が出て居た。夜は綺麗だよ、と今一度言う。一番星も見つけた。綺麗でない筈が無い、と感じる。

    「夜は綺麗だよ、明星の居る処だもの」

     大きな声で歌う様に言うと、夜の風が吹いて来た。湿った髪が後ろに靡いて、気持ちが良い。心が動いて居るんだ、と思う。身体の代わりに、心が走り出して居た。

    「ありがとう鼎ちゃん、夜を綺麗にして呉れて」

     そう言って彼は手を振る。深い色の瞳は、星を湛えた様に光って居る。本当の事を言えたんだ、と確信して、鼎も手を振り返した。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

喩え話夾竹桃Poena

「気になる!」集計データをもとに表示しています。