こちらのアイテムは2017/3/26(日)開催・第一回文学フリマ前橋にて入手できます。
くわしくは第一回文学フリマ前橋公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ぎょくおん

  • ア-14 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • ぎょくおん
  • オカワダアキナ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 164ページ
  • 400円
  • 2016/03/21(月)発行

  • 「姉さん、壁のコンセントにだって死が潜んでいるのだと思いませんか」
    ゆるやかな消滅/蒸発願望を抱えるよわいおとこが、「平和」に至るまでの独白。

    文学フリマガイドブック第10号に掲載いただきました。ありがとうございます。

    ーーーーーーーー
    〈あらすじ〉

    海辺のさびれた温泉宿で働く男・湯田郡司。姉のヒモ状態から逃げ出し連絡を絶ったまま一年が経とうとしていたが、心は晴れない。常用している薬の副作用による乳汁分泌に悩まされ、消極的な死に憧れを見出していた。同僚のオーストラリア人男性・アランに言い寄られ、旅館の社長の姪・七美からも親しげに構われるが、のらりくらりとかわす日々。心の中で、みずから距離を置いたはずの姉に話しかけてばかりいる。

    ある夜、旅館の廊下で姉とそっくりな少女と出会う。まるで姉の生霊のようだと混乱する郡司は、夢とうつつをさまよいやぶれかぶれになってみるが…。やがて降りかかるゲンバクと、かれの到達する玉音放送について。

    ーーーーーーーー

    試し読みはこちらです:http://estar.jp/_novel_view?w=24415574

    ーーーーーーーー

    またyoutubeのPVや、尼崎文学だらけにていただいた推薦コメントが、雰囲気などわかりやすいかと思いますのでよかったらよかったらご覧ください。

    http://necotoco.com/nyanc/amabun/guide/bookview.php?bookid=17

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

BBHHH【新刊】 夜空のある街aether【無料配布】 会う時はいつも夜の下ぎょくおん水ギョーザとの交接飛ぶ蟹

「気になる!」集計データをもとに表示しています。