こちらのアイテムは2019/1/20(日)開催・第三回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

狐の飴売り 栄之助と大道芸人長屋の人々

  • う-16 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • きつねのあめうり
  • 宮本紀子
  • 書籍|四六判
  • 353ページ
  • 1,800円
  • 2017/3/16(木)発行
  • 贅沢三昧の放蕩息子が、大店(おおだな)を飛び出し、ある日突然、大道芸人たちと長屋暮らし!

    熊の兄弟、一人芝居の男、猫の托鉢僧(たくはつそう)、茶売りの婆さん。こいつらと一緒に暮らす! ? このわたしが飴を売る! ? そこへ押しかけてきたのは、わたしを裏切った身重の元・許婚(いいなづけ)。もう、どうなっちまうんだい! 笑って泣けて、心がふわりと温まる江戸人情噺。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

カプセルフィッシュにんげんぎらい雨宿り始末屋狐の飴売り 栄之助と大道芸人長屋の人々

「気になる!」集計データをもとに表示しています。