こちらのアイテムは2019/1/20(日)開催・第三回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

始末屋

  • う-16 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • しまつや
  • 宮本紀子
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 329ページ
  • 700円
  • 2018/4/12(木)発行
  • 吉原の妓楼から依頼を受け、客から借金を取り立てる始末屋「だるま屋」。そこで働く直次郎は、大見世「丁字屋」の花魁・真鶴から名指しで依頼を受ける。真鶴の妹分である花菊の首を絞めて逃げた男を探し出し、百両を取り立ててほしいと言う。直次郎の胸に、吉原で命を落とした妹の最期が浮かびあがる―。逃げた男の正体は!?そして、花魁の秘めたる思いとは!?

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

カプセルフィッシュにんげんぎらい雨宿り始末屋狐の飴売り 栄之助と大道芸人長屋の人々