こちらのアイテムは2018/5/27(日)開催・第四回文学フリマ金沢にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ金沢公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

白を名にもつものたちの寓話

  • あ-02 (小説|郷土)→配置図(eventmesh)
  • しろをなにもつものたちのぐうわ
  • 睡蓮・C・野村
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 424ページ
  • 1,500円
  • 2016/06/12(日)発行
  • 北陸本線の特急擬人化小説「白を名にもつものたちの寓話」シリーズ総集編。
    「れーるのうた」シリーズより過去の話で、当時東京の上野駅と金沢駅の間を走っていた特急「白山」と「はくたか」が主役の物語です。
    以前に発行した本を編集した総集編になります。物語はこの本1冊で完結しています。
    白山とはくたかの恋愛がベースとなる作品のため、男性同士の恋愛シーンが多分に含まれます。また若干の暴力表現もあります。
    この作品に出てくる白山やはくたかは、「れーるのうた」シリーズである「TERMINAL STATION」に登場しています。
     サンプル(PDF・個人サイトに飛びます)

    収録作品

    ・開業前夜

    はくたかが特急になるまでの話。白山はまだ出てきません。

    ・白を名にもつものたちの寓話

    白山とはくたか、最初の物語。特急として運転を開始したはくたかの元へ白山がやってきて、二人が恋人になるまでの話。

    ・あの夏を忘れない

    恋人になった白山とはくたかのその後の話。信越本線の線路が土砂崩れで流されてしまい、通常運転出来なくなった年の夏の話。

    ・黄昏の見える街

    恋人になった白山とはくたかのその後の話2。白山とはくたかの恋人同士としての日常を過ごす中、上越新幹線開業に伴うはくたかの引退話が持ち上がり……

    ・見上げる架線の向こう側

    「黄昏の見える街」からの続き。はくたかが引退し、離ればなれになる二人。残った白山の元へ、新しい特急はくたかがやって来る事になる。そして、いよいよ白山も引退の時が近づき……

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

とり野菜みそと鍋に関するエトセトラそして、僕らは西を目指す白を名にもつものたちの寓話それぞれのラストランTERMINAL STATIONさようならは、言わないSong of Rail新たな始まりの場所へひかりかがやく星であれそれぞれの道の先でさよなら、騒がしくも愛しい日々わたしのたからもの

「気になる!」集計データをもとに表示しています。