こちらのアイテムは2017/4/16(日)開催・第三回文学フリマ金沢にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ金沢公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

富岩と岩瀬

  • あ-01 (小説|郷土)→配置図(eventmesh)
  • ふがんといわせ
  • 里見 ヤスタカ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 40ページ
  • 300円
  • 2016/06/12(日)発行
  • 富山を流れる河川達――神通川、富岩運河、松川、庄川、小矢部川など。そんな川を擬人化しました。

    富岩運河の建造と出会い、戦争を経て富岩運河の役割の変遷。
    富岩運河の岩瀬が、岩瀬と呼ばれる今の姿になる前――富岩と呼ばれていた頃の話。

    *****
    第一回文フリ金沢で頒布した同タイトルの本の再編集版です。
    少しの修正と、同イベントで無料配布したペーパーの掌編をセットにしました。
    サイズを小さく、価格を少し値上げして(申し訳ありません)再版となります。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

星を辿った道の先徒花に成る実徒花に成る実-交差する枝葉-のちはいつ —富山河川擬人化本—富岩と岩瀬のちはいつ2-富山河川擬人化本-【委託】北陸アンソロジー『ホクリクマンダラ』【委託】人魚のえんがわ みはや!折本いろいろ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。