こちらのアイテムは2017/4/16(日)開催・第三回文学フリマ金沢にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ金沢公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

徒花に成る実

  • あ-01 (小説|郷土)→配置図(eventmesh)
  • あだはなになるこい
  • 里見 ヤスタカ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 84ページ
  • 500円
  • 2016/06/12(日)発行

  • 美人局として左大臣に使われる白拍子・雛丸が出会ったのは変わり者の刑部卿・高良清明。
    「わたくしは、つまらぬ下賎の者でございます。高良卿には想像もつかないような醜い生き様を経て参りました。その中においてあなたよりよほど見目も性質も醜い者は数え切れぬほどおりましたから、……知らぬとは申せません」
     高良卿と呼ばれた男は喉の奥でくつりと笑う。その言い方では高良が醜いことを欠片も否定していないことに雛丸は気が付いているのだろうか。
    「正直だな」
     薄く笑うと、雛丸は軽く目を伏せた。わかっていて、そう言ったのだ。
    気が強いふたりの間に成る恋の物語。
    おまけに清明の友人・これまた変わり者の藤原成友の恋のお話も。
    平安風少女小説。
    短編なのであっさり読めます。
    (URLからpixivで冒頭サンプル読めます)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

星を辿った道の先徒花に成る実徒花に成る実-交差する枝葉-のちはいつ —富山河川擬人化本—富岩と岩瀬のちはいつ2-富山河川擬人化本-【委託】北陸アンソロジー『ホクリクマンダラ』【委託】人魚のえんがわ みはや!折本いろいろ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。