こちらのアイテムは2016/9/4(日)開催・第一回文学フリマ岩手にて入手できます。
くわしくは第一回文学フリマ岩手公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

丘の上のありす

  • ウ-03 (小説|短編・掌編・ショートショート)→配置図(eventmesh)
  • おかのうえのありす
  • ひじりあや
  • 書籍|A5
  • 24ページ
  • 0円
  •  本を読むのが好きだというと、ときどき訊かれることがある。「一番好きな作家は誰か」と。多くの読書家もそうだと思うけど、あたしは一番をきめることはできない。理由はふたつ。同じくらい好きな作家さんが大勢いるからと、好きな作家さんはそのときどきで変わっていくから。
     もしも無理矢理に一番好きな作家さんをきめたとしても、一年前のあたしと一年後のあたしでは、きっと答えがちがっているはず。伊坂幸太郎さんかもしれないし、飯田雪子さんかもしれないし、ジョナサン・キャロルなんて答えているかもしれない。
     けれど「あなたのお薦めの十冊」というように好きな本を十冊選べるなら、いつ訊かれても、必ず十冊のなかに選ぶだろう作家さんはひとりいる。今は亡き童話作家の安房直子さん。特に『鳥』という短編童話が好きで、幼いころ、繰りかえし何度も何度も読んだ憶えがある。
     その『鳥』は、ひとりの女の子が耳のお医者さんを訪ねるところからはじまる。耳に大変なものが入ってしまったから、すぐに取ってほしいと女の子は訴える。けれど、その取ってほしいものは「秘密」なのだと──。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

朗読CD『魔櫻』朗読CD『サンドイッチとテディベア』僕らはいつだって本の虫なのサ6月の夢愛しのピュグマリオン丘の上のありす

「気になる!」集計データをもとに表示しています。