こちらのアイテムは2023/2/26(日)開催・文学フリマ広島5にて入手できます。
くわしくは文学フリマ広島5公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

船上の真珠

  • い-21〜22 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • せんじょうのしんじゅ
  • 国内産黒米
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 138ページ
  • 700円
  • 2023/2/26(日)発行
  •  新刊

    1872年、10月9日。 アメリカ合衆国マサチューセッツ州の港町ボストンの金融街を大火が襲った。 全てを失った料理人デニスは、運良くイギリス船の料理人となる。 端麗な航海長や美少年との出会いから始まる歪んだ愛。 その船がたどり着く先は、港であるか・・・・・・?
    一つの真珠をめぐる、海洋冒険小説。

    ※同性愛を描く物語です。

    -サンプル-

    イギリス人がアメリカに住むということ
     一八七二年、十一月九日。アメリカ合衆国マサチューセッツ州の港町ボストンの金融街を大火が襲った。 商業倉庫の地下から燃え上がる炎は火の粉を散らし、ありとあらゆる物を呑み込み広がっていく。地下を流れるガスは炎に活力を与え、爆発を繰り返しサマー・ストリートの建物を、宝石を、人々を喰らい尽くすと、やっと腹を満たした。勇敢な消防士たちの活躍と犠牲により、十二時間後に消し止められたのだ。
     時は少し遡る。未だ燃え盛る炎のそば、火事場泥棒や野次馬にかき消されてしまいそうな弱々しい声で啜り泣く男が、金融街の跡地にいた。茶色の短い髪を掻き乱し、酒と煙草で黄色く細く溶けた歯を食いしばる顎は割れている。周りの人々の視界を遮るほど広い肩幅の上に、丸い頭が載っていた。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

シルク航路〜ホール・アウェイ〜船上の真珠全てのピノッキオたちへ/少年と海獣ポートF.Sにて新世界を抱く永遠のカムイ島〜少年漂流記〜MOBILIS IN MOBILI

「気になる!」集計データをもとに表示しています。