こちらのアイテムは2023/2/26(日)開催・文学フリマ広島5にて入手できます。
くわしくは文学フリマ広島5公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

『なまものの方舟/方舟のかおぶれ』

  • あ-12 (小説|SF)→配置図(eventmesh)
  • なまもののはこぶねはこぶねのかおぶれ
  • 井上彼方編
  • 書籍|A5
  • 224ページ
  • 1,500円
  • https://time-lag-arimasu.blog…
  • 生き物の特性を生かしたSF短編を集めた、生物SFアンソロジーです。実在の生き物、架空の生き物、絶滅した生き物、未来の生き物……様々な生き物が繰り広げるお話をお楽しみください。

    この本は表紙から始まる『なまものの方舟』がSF短編小説のアンソロジーになっています。そして裏表紙から始まる『方舟のかおぶれ』では、『なまものの方舟』に出てきた生き物たちを紹介するコラムを載せています。二つをセットで読むもよし、小説だけ読むもよし、コラムだけ読むもよし、お好きな方法でお楽しみください。

    目次

    【都市】

    伊藤なむあひ「大予言」       

    野咲タラ「オニロコリバオの遠征」      

    剣先あやめ「沈黙の初夏」       

    伊島糸雨「愛のために」       

    暴力と破滅の運び手「遠くのお城で、あまたの馬が」 

    水嶋いみず「分裂」       

    佐伯真洋「怪魚の逆鱗に触れる」       

    【海】

    鞍馬アリス「眠るイルカたち」       

    青島もうじき「花籠のあなたたち」       

    佐々木倫「大きなともだち」  

    紅坂紫「歴程 」    

    和倉稜「水深八一七八メートル、超深海」   

    【陸】

    こい瀬伊音「ビオトープ、夢のあと」    

    猿場つかさ「うるわしい音は残らない」     

    Yohクモハ「アマゾニカ」      

    星野いのり「登仙蝶」        

    一徳元就「その名もキャスパー」       

    関元聡「多島海」       

    【宇宙】

    渡邉清文「月の砂漠」     

    稲田一声「ぶるぶるちゃん、お顔を上げて」     

    岸辺澪「勿忘熊」        

    御神楽「黒い空と青い光の下で」      

    王生らてぃ「モルフォ・アーカイブ」     

    化野夕陽「方舟はかつて飛びやがて飛ぶ翼に曳かれ」  


    出てくる生物

    イルカ、シロナガスクジラ、カモノハシ 、ヤブイヌ、ゲツメンラクダ、ミミクリグマ、ユニコーン、ダチョウ、アパトサウルス、蛇、ヤドクガエル、カツオノカンムリ、カイロウドウケツ、ピラルク、マリアナスネイルフィッシュ、プラナリア、オニロコリバオ、ニホンミツバチ、モルフォチョウ、登仙蝶、芽殖孤虫、ホコリタケ、ハエトリソウ、スミレ


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』社会・からだ・私についてフェミニズムと考える本『なまものの方舟/方舟のかおぶれ』カモノハシ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。