こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

江別にあった信用金庫

  • 第二展示場 Fホール | つ-05 (評論・研究|のりもの・交通)
  • えべつにあったしんようきんこ
  • たかさご楓人
  • 書籍|A5
  • 24ページ
  • 2023/11/5(日)発行
  • かつて北海道・江別に「いししん」と呼ばれた信用金庫がありました。


    江別市を中心に近隣の当別町や新篠津村、月形町に支店を設置、札幌市にも進出していた「石狩中央信用金庫」は2003年(平成15年)1月に合併により解散。

    地元に馴染み深かった名前は消えてしまいましたが、10店あった店舗は2023年(令和5年)現在も8店舗が営業を続けています。

      「いししん」であった店舗の現状に加えて、50年前の1972年(昭和47年)に起きた合併議論や2003年(平成15年)の合併経緯について、当時の新聞報道や資料を基に紹介する内容になっています。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

きっぷのご案内 -北海道2023-江別にあった信用金庫列車で旅する北海道2022江別駅と街のいま追補 1日1往復の駅 札沼線 鶴沼〜新十津川 -2 Years After-想い出の日高路北の大地の「きっぷ」に惹かれて 〜常備券に変わった駅へ〜特急街道の無人駅 -函館本線 江部乙〜近文-