こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

生きることはむずかしい

  • 第一展示場 | E-19 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • いきることはむずかしい
  • 毎日、深呼吸(みこ)
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 237ページ
  • 1,000円
  • 日記屋さんで日記本に出会い、日記を書き始める。猫たちとの生活、家族、友達、消えたくなる気持ち、なんてことない日常。これはつらくてもなんとか生きている人間の7ヶ月の日記。

     11月3日(木)  起きて、カーテンの隙間から見えた雲一つない青い空。綺麗だな。いつもと様子の違うニュースで目が覚める。ツイッターで「最悪な目覚め」とトレンド。本当に最悪な目覚め。不安なまま、朝ごはんを食べる。冷凍食品の白身魚のタルタルフライと白米。布団を畳んでツイッターを見たらラヴィットがやっていると知り、急いで見る。(中略)  思えばいつもラインを気にしていた。誰かから連絡は来ていないか、早く返さなきゃとか。自分を息苦しくしているのは自分なんだろう。タンタンが窓の近くでお腹を出しながら寝ている。こんな風に生きたい。今日も猫はかわいい。猫になりたいじゃなくて、猫のように生きたい。  (中略)  家に帰って、辛味もちとお煎餅を食べる。有吉の壁を見ながら食べていたら、妹が部屋に行った。なにか気に障ることをしてしまったのだろう。自分が嫌われ者のようで悲しくなる。実際嫌われている。人と関わるのは難しく、苦しい。なるべく一人で行動したり、生きることができたらいいのに。でも寂しくて孤独に耐えられず、いつも人と関わろうとする。弱い。  日記がわからない。私はこれでいいんですか。  (中略)  今日は眠れたらいいけどな。わけもなくつらい。  

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

生きることはむずかしい動物園と水族館日記momo.concretes.ぬいぐるみを愛せるようにくもいぬしおり