こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

血と少女

  • 第一展示場 | M-05〜06 (小説|純文学)
  • ちとしょうじょ
  • ゆにお
  • 56ページ
  • 500円
  • 2023/9/27(水)発行
  • あたしたちがこんなにも、生きづらいのは誰のせい?


    パパはいらない。あたしには、ママだけ居ればいい——その一心で、父親の去勢を企てる娘。しかし、か弱い少女が力で男に敵うはずがなく、実父に処女を強奪された娘は、洗面台の前で母親が再三口にしていた思い出話を反芻する、寺山修司インスパイアの「田園に死す」ほか、いつの時代も生きづらい少女たちの、叫びと涙と一粒の希望を詠んだ詩集!


    【収録作品】

    人魚の溜まり場/女の数珠つなぎ/アリス/あたしの手首のミルキィ・ウェイ/スタウト/海辺の銃声/行軍/女たちは男を造る/田園に死す


    装丁:ゆにお 

    photo:なんこ&マダムはしもと



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

I wish everything would be broken.SFSS すこし不思議なショート・ショート血と少女「ひろいしまのちっちゃな毎日〜ゆにおの日記/2022〜」ゆにおのもやもやエッセイ① どうして本を売りたいんだろう?女体が好きで、女が嫌いな僕たちゆにお文庫ポストカード「ゆにおの広島お笑いレポ+コント小説!」