こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

I wish everything would be broken.

  • 第一展示場 | M-05〜06 (小説|純文学)
  • あいうぃっしゅえぶりしんぐうっどびーぶろーくん
  • ゆにお
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 176ページ
  • 900円
  • 2023/9/10(日)発行
  • 僕は確かにここにいるのに、まるでどこにもいないみたいだ


    人は、それぞれに秘密を隠し持っている。誰かを殺したいという殺意、異性を欲望のままに弄びたいという悪意、そして希死念慮。普段は腹の底に隠している仄暗い本音を、緻密に炙り出す短編集。誰にも知られたくない言い訳を抱える全ての人に捧げます。


    【収録作品】

    抱けない女は役に立たない/鬼柚子/介護とセックスが大好きな奥さん/ここにいるのにここにいない/月夜に開く鋼鉄の花/クリームソーダのグラスの底で/芯一郎には「芯」がない!/破損/ボラとうず潮/悟りの化け物/自殺惑星

    ※『世界は誰も僕を見ていない』の改題です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

I wish everything would be broken.SFSS すこし不思議なショート・ショート血と少女「ひろいしまのちっちゃな毎日〜ゆにおの日記/2022〜」ゆにおのもやもやエッセイ① どうして本を売りたいんだろう?女体が好きで、女が嫌いな僕たちゆにお文庫ポストカード「ゆにおの広島お笑いレポ+コント小説!」