こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ショートケーキは甘くない

  • 第一展示場 | N-17 (小説|純文学)
  • しょーとけーきはあまくない
  • 釈迦堂入史
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 148ページ
  • 600円
  • 2023/5/21(日)発行
  •         

    ◎様々な人々の愛と狂気の形を描いた一番人気の短編集◎



    ➡綿矢りさ、嶽本のばら、太宰治、湊かなえ作品が好きな方にオススメ!

    「ショートケーキは甘くない」・・・会社の中で異様な雰囲気を漂わせて浮いているお局の竹村さんに、強く惹かれる新入社員の美佳。こっそりと日々彼女を観察する内に気付いた彼女の秘密とは―――?➡人と付き合う時に妙に冷静になってしまう人、形容しがたい歪な感情を持ちやすい人にオススメ!

    ◎「恋昇り」・・・初恋という経験は麻疹のように出来るだけ早目に経験してしまった方がいいと思うのです。動く度に上下するその髪色は僅かなオリーブブラウンに染められ、柔らかくも何処か凛々しくて、とても君に似合っていて、僕はついつい見とれてしまっている自分に少し驚きました。――大学生の男子が初恋の思いを綴る恋愛小説。
    初恋の時のトキメキを思い出したい、あの頃は不器用だったetc…と思い出すのも悪くないという方にオススメ!

    ◎「 夢の終わり、そして」・・・あるワクチンの開発によって「死」という概念が無くなろうとしている、近未来の日本で生活する梓と歩、そして梓の想い人である瀬名。「死」が無くなる世界は楽園なのか、それともディストピアなのか――やがて、梓が築いて来た人間関係にも変化が訪れる。人が生きるということは変わること。果たして、彼女が夢の終わりに迎えた結末とは――?➡ディストピアの世界観や女子同士の友情以上の感情を楽しめる方にオススメ!

    「訴人狂人」・・・聞いてください、聞いてください!世の中は狂っています! 自分のアイディアを盗まれたと交番に駆け込む同人作家の告白は真実なのか嘘なのか。――物書きならば誰もが一度は思い当たる節があるであろう思考の混乱や自分の才能を信じてやまない自信と認められない現実との乖離を描いた作品➡太宰治の「駆け込み訴え」等が好きな方にオススメ!

    ◎「往復書簡」・・・故郷を去り、東京に出向く恋人と地方に残り仕事をする恋人同士の手紙のやり取りから始まるミステリー。二転三転する動向に目が離せない!初のミステリー挑戦作品➡湊かなえ作品が好きな方にオススメ!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

大人のタメの童話 其ノ壱「甲」ショートケーキは甘くない拝啓 三島由紀夫様挽き肉ファクトリー妄想りパブリック