こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

きたのもりのまなびや

  • 第一展示場 | A-57〜58 (詩歌|現代詩・散文詩)
  • きたのもりのまなびや
  • 関和明
  • 書籍|A5
  • 24ページ
  • 500円
  • https://www5.big.or.jp/~yu_k/…
  • 2022/11/20(日)発行

  • 北海道のほぼ真ん中、大雪山系旭岳の麓にひろがる森と丘と水田と街並み、豊かな自然と水とお米、そして「写真とクラフトの町」として知られる北海道東川町。そこにある森に囲まれた約1000坪の空き地を使って、地域の人々(とくにこどもたち)が「あそび・まなび・つくる」場所を創るための構想と計画を知ってもらうための小冊子:ブックレットです。

    この計画は、2016年から、現地での試行的なワークショップを実施しつつ、少しずつ進めています。その過程で、「まなびや」のテーマのひとつである「小屋づくり」のための敷地の選定には紆余曲折がありましたが、これからは、この「キャンパス」の場所を自由に使い、庭や畑、そして「小さな村」を作って行こうと考えています。

    この小冊子には、東川町のこと、「まなびや」の敷地=キャンパスのこと、庭のデザイン案、書庫とスタジオの設計案、小屋づくりと今まで行ってきたワークショップのことが記されています。そして、この「まなびや」が、「学校」とか「教育」という既存の枠組みを離脱した理念をベースに運営される、「小さなbauhaus=bau-hut」でありたい、と述べています。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

二次創作風詩集 派生空間秋田の秘湯 玉川温泉の力ハレの日、ケの日リトアニア〜ラトビア霊場恐山へ行く古代エジプト建築フィールドノートきたのもりのまなびやSolid Situation Poems