こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

わたしはなにも悪くない

  • 第一展示場 | E-48 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • わたしはなにもわるくない
  • 小林エリコ
  • 書籍|四六判
  • 1,540円
  • うつ病、貧困、自殺未遂、生活保護、家族との軋轢、周囲からの偏見のまなざし……幾重にも重なる絶望的な状況を生き延びてきた著者。彼女のサバイバルの過程を支えたものはなんだったのか? 命綱となった言葉やひととの出会い、日々の気づきやまなびを振り返る体験的エッセイ。精神を病んだのは、貧困生活に陥ったのは、みんなわたしの責任なの?──苦難のフルコースのような人生を歩んできた著者が、同じ生きづらさを抱えている無数のひとたちに贈る「自分で自分を責めないで」というメッセージ。
    深い思索に裏打ちされた体験記は、どんな専門書より参考になる ──信田さよ子(公認心理師・臨床心理士)

    「死にたい」の一言に隠された膨大な気持ちの奔流を、こんなにも代弁してくれた一冊はない ──鈴木大介(文筆業)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

実の兄から性虐待を受けた私がカウンセリングで複雑性PTSDの治療に取り組んだ記録エリコ新聞2タケ漫画この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで私がフェミニズムを知らなかった頃家族、捨ててもいいですか?生きながら十代に葬られわたしはなにも悪くない私たち、まだ人生を1回も生き切っていないのに