こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ

  • 第一展示場 | D-43〜44 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • きえそうなひかりをかかえてあるきつづけるひとへ
  • 安達茉莉子
  • 書籍|A5
  • 32ページ
  • 1,760円
  • 2020/11/30(月)発行
  • 『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』
    リトルプレスや挿画、イラストエッセイなどで活躍を続ける安達茉莉子の、2017年に谷中ひるねこBOOKSで開催された同名の個展をベースに、新たに描き下ろすイラスト詩集。言葉と絵に祈りを込めて思いを託す、珠玉の一冊が誕生します。
    「小さな光が生まれて私は私を見つけた」
    光が生まれ、消えていく。 消えそうな光が消えてしまった後の 暗闇の中で見えてきた、 すべてのあかるいものたちへ。
    安達茉莉子 (あだち・まりこ) 大分県日田市出身。大自然に囲まれながら、本と空想の世界にトリップするインドアな幼少時代を過ごす。政府機関での勤務、篠山の限界集落での生活、イギリスの大学院留学など様々な組織や場所での経験をする中で、人間が人間であるための「言葉」を拠り所として制作を続けてきている。 2015年からは、セルフパブリッシングレーベル"MARIOBOOKS"を開始。 2019年に『何か大切なものをなくして そして立ち上がった頃の人へ』『The Feeling When… 日常の中に生まれてくるある瞬間について』リソグラフ特装版を刊行(制作協力ビーナイス)。書籍の仕事に、『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(タバブックス)挿画、『エトセトラ vol.1』(エトセトラブックス)イラストエッセイなど。
    装幀:竹歳明弘(スタジオビート)A5変型 全32ページ ソフトカバー オールカラー ISBN 978-4-905389-47-7 C0092 本体価格1600円

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

び の言葉bの言葉『BAND SCAPE バンドスケープ』『くままでのおさらい』美篶堂手製本特装版消えそうな光を抱えて歩き続ける人へパフェ沼豆本工作キット mamenowa本づくり協会 会報誌 BOOK ARTS AND CRAFTS vol.5特集「校正とは」本づくり協会会報誌BOOK ARTS AND CRAFTS VOL.6 <本という浪漫>本づくり協会会報誌BOOK ARTS AND CRAFTS VOL.7ニューヨークエルストーリー築地活字 書体見本帳どうぶつせけんばなし物語のタロット ー愚者の旅ー