こちらのアイテムは2023/5/21(日)開催・文学フリマ東京36にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京36公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ねこのはなし2

  • 第一展示場 | J-15〜16 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • ねこのはなしに
  • くまっこ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 70ページ
  • 500円
  • 2017/11/3(金)発行
  • 僕は、気付いてしまった。
    たぶん、傍にいることだけが守ることではないのだ。


     両親を亡くした少女と、その兄になろうとした白猫の、小さな物語。
     ちーちゃんと僕と家族の、ある夏休みのできごと。
     先輩の家には、猫の幽霊がいた。
     ……猫とニンゲンの家族を描いた、ハートフル猫短編集


    猫と暮らしたことがないから猫をよく知らないけれども猫が好きな著者が送る、猫の物語を集めた短編集です。
    短編小説がメインですが、小説の合間に猫エッセイもいくつか書いて、道ばたで出会った猫の写真もたくさん掲載しました。


    *掲載作品*
     ・僕が名前を捨てた理由
     ・僕と猫と宝物
     ・先輩と猫
     ・ひかり

     猫エッセイ&猫写真
     ・お仕事場の猫さま
     ・ご近所の猫さま
     ・座る猫さま

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ねこのはなしねこのはなし2千古草の巫女ゆきのふるまち綺羅星と星屑夜に映ゆたう蟲月の子 —ふたご座星の乙女—ぼくたちのみたそらはきっとつながっている0歳児と一緒に「みちのくコミティア」に遠征参加してみたよ旅行記クマの豆本製造ラインクマの豆本製造ライン2クマの豆本製造ライン3ほんをつくりたい。/本を作るときのはなし。ゾウさんの名刺ケース(活版印刷の箱)猫の名刺ケース(活版印刷の箱)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。