こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

書評集 文章を読むことで救われた人間は

  • 第一展示場 | I-06 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • ぶんしょうをよむことですくわれたにんげんは
  • 波多野七月
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 156ページ
  • 800円
  • 2022/11/20(日)発行
  • 「どうして、本が好きになったんですか?」そう問われるたびに、いつも口ごもってきました。学校にも家にも居場所がなく、小学生の頃から図書館に入りびたってきました。そこでは静かに並ぶ本達が、いつだってわたしを守ってくれました。

    「どうして、本が好きになったんですか」その答えが、この一冊にはあります。かつて夢中になった児童書から、大人と呼ばれる年齢になってからも繰り返し読み返した小説まで。これまで出会ってきた本達への、ラブレターのようなつもりで書きました。

    本はただの紙の束ではなくて、辛いときや苦しいとき、いつだって物語の世界へと誘ってくれる。私にとって、かけがえのない存在でありつづけました。

    noteに掲載した書評から書き下ろし、かつて他の媒体で書いた記事から本にまつわるエッセイ。できるだけ、色々なジャンルの作品を紹介しています。そのうちの一冊でも、「この本、読んでみたい」と思っていただけたら幸いです。

    文学フリマ東京35にて初披露の新刊になります。オンデマンド印刷。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【再販】蒼天の風 祈りの剣1書評集 文章を読むことで救われた人間は【新刊】No Book, No Life!桜華堂で待ってる2桜華堂で待ってる1 新装版ハンドメイドブックマーカー

「気になる!」集計データをもとに表示しています。