こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

贖いのオリキュレール 蝶の夢、人の幻 1

  • 第一展示場 | I-03 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • あがないのおりきゅれーる ちょうのゆめ、ひとのまぼろし いち
  • ひゐ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 284ページ
  • 1,000円
  • https://yoiyoiya-n.booth.pm/i…
  • 2021/5/16(日)発行
  • 満身創痍の魔術師の、過酷な贖罪の旅。蝶の少女に償うため、巨大蠅と戦う。

    あらゆるものを喰らう巨大な蠅グレゴ。 突如世界に現れた不死身のそれは、街や村を襲って人間をも食い散らかした。 かつては優秀な魔術師であったものの、大怪我のためにその力のほとんどを失ったパウは、グレゴを追って旅をする。 グレゴを生み出すきっかけを作ってしまった故に。自身を裏切った師匠ベラーの企みを阻止するために。 そして青い蝶に償うために。 長編ダークファンタジー小説、第一巻。一章から三章を収録。

    表紙イラスト:星灯れぬ様
    ※この小説はweb再録小説です。 収録されている物語自体はweb上で最初から終わりまで読むことができます。


    ======小説冒頭サンプル======

    第一章 蝶を連れた魔術師

     また一つの家が焼け落ちた。痛いほどに眩しい炎が舞い、煙は夜空をより黒々と染める。だが村の男達には、誰一人として、そちらを気にする余裕はなかった。
    「ああ……この、怪物めぇ……っ!」
     炎で昼間以上に明るい広場。槍や剣、そして農具を構えた男達のうちの一人が、泣きながら声を漏らす。それでも震える手で得物を握り、身構える。
     ぎいぎい、と壊れた楽器のような音がする。
     ――眩しすぎる広場の中央。巨大な影が、不気味な声を上げていた。
     巨大な蠅のような生き物だった。その口は、人間の男一人を頭から貪っている。と、鋭い牙で噛み千切られ、男の腹から下が、ぼとん、と地面に落ちた。
    「――うああああ!」
     蠅を取り囲む男達の一人が、怒声を上げた。泣きながら、剣を構えて蠅へ向かっていく。
    「よくも、よくも、よくも―――!」
     止めろ、という仲間の声も届かない。男は自身よりも何倍も大きな凶悪に向かっていく。 
     ところが、蠅は唐突に飛び立った。それはまさに跳ねるかのようで、宙で複眼が炎の色に輝く。そして急降下する。口を大きく開いて。
     立ち向かっていった男は、悲鳴も上げなかった。掬われるようにして、頭から、その口の中へ。手から剣が離れた。だがまだ外に出ていた足が、ばたばたと動いている。しかしすぐに蠅の口から涎のように血が溢れ出てきて、足の動きは緩慢になる――。
    「そいつを放せぇっ!」
     と、また一人の男が、鍬を手に蠅に立ち向かう。
    「放せ……っ! もうこれ以上……っ!」
     振り下ろされた鍬は炎の輝きに鋭く光り、蠅の巨体に突き刺さった。すると、咀嚼するのに夢中だった蠅が、びくりと身体を震わせた。
    「――いまだ! 村を守るんだ!」
     決して勇ましくはない。わずかに上擦っているものの、確かな号令が響く。
     男達はまるで蟻のように蠅へと群がった。手にした剣を、槍を、鍬を、その巨大な身体に突き刺す。たちまち蠅の身体は赤黒い血にまみれる。
     けれども蠅は今し方噛みついた男を飲み込むと、近くにいた男にまた噛みついた。その巨体からは想像もできない機敏さで、肩を噛まれた男はあっという間に食べられてしまう。
    「ひぃっ……!」
     それを見て、一人の男が悲鳴を上げる。手にした槍を、蠅の巨体に突き刺すが、刺さりは浅かった。
     どん、と巨大な蠅は群がる人々に体当たりをした。槍を突き刺した男も、体当たりをもろに受けて地面に転がった。
     慌てて彼は、身体を起こそうとしたが。
     ――様々な武器が突き刺さった、巨大な蠅。羽を震わせると、その巨躯から、ぽろぽろと武器が抜け落ちた。そして血塗れだった身体を見れば、全ての傷は塞がっていた。
     蠅は、無傷だった。あたかも、時が戻ったかのように。
     確かに武器は、蠅の巨体を傷つけ切り裂き、突き刺さったのだ。蠅の身体と武器についた血が、それを物語っている。
     しかし。
     ぎいぎいと、蠅は怒りの声を上げて、噛みついていた男にさらに牙を食い込ませた。腕がもげて、蠅はまるで吸うようにその腕を喰らう。そして複眼を、周りの男達に向け、口を大きく開けて。
     悲鳴が上がる。血の匂いがより濃く漂う。また一人が、喰われていく。それを見て走り出そうとした一人も、噛みつかれてしまう。
     一人、地面に転がったままの男が我に返って辺りを見れば、もう誰もいなかった。あるのは意味をなさなかった武器と、血だまりと、死体だけ。そして転がる死体を食し始めた巨大な蠅だけが、そこにいた。炎が燃え盛る音がうるさい。
    「あ……あ……!」
     立ち上がろうにも、腰が抜けて立ち上がれない。それでも男は、後ずさりをする。
     蠅が男を見る。その口からは血が滴り、わずかに開けば肉がこぼれた。
     瞬間、男は跳ねるようにして立ち上がれば、森の中へと消えていった。

     * * *

     昼過ぎの空は、悲しみを知らないといわんばかりに、青く透き通っていた。飾る白い雲も、苦しみを知らないといわんばかりに、呑気に風に吹かれている。鮮やかな緑色の丘も、いつかは枯れてしまうということを知らない様子で輝いている。
     けれども、その丘を登る人影一つだけは、息を上げ、憎々しげに先を睨んでいた。
    「くそ……くっそ……」
     ひいひいと息を漏らし、それでも彼は補助の杖を地面につく。
    「こんな怪我さえなければ……昨日の夜には村に着いてたんだ……! なのに……!」
     顔の右半分が黒髪で隠れた青年。かけた眼鏡の向こうでは、左目だけがぎらついていた。
     また杖をついて、一歩、先に進む。その足取りは、どこか不自由さが感じられるもので、纏った紫色のマントが揺れる。
    「……ったく! 最悪! くそったれ!」
     しかし苛立ちだけは勢いがある。
     また一歩、登る。左耳の黄の宝石の耳飾りが輝く。
     そしてやっと丘の頂上に辿り着いて、青年は立ち止まって空を仰いだ。空はやはりすっきりと晴れていて、むしろ彼を嘲笑うかのようだった。
     と、一匹の蝶が、青年を追い越す。
     その羽は、空よりも青く、海よりも深く。
     縁取る黒色は、影よりも黒く、夜の闇よりも底知れなくて。
    「――パウ」
     蝶は言う。青年の目の前で羽ばたきながら。
    「村が、見えてきたよ……」
     その囁き声の通り、丘を下った先には、小さな村が見えた。まだ距離はあるものの、家々の煙突から煙が上っているのが見える。広場を歩く人々の姿も見える。
     息を整えて、青年は少しの間、村を見下ろしていた。
     ――あの村は、まだ大丈夫だったらしい。

    ====================

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

贖いのオリキュレール 蝶の夢、人の幻 3贖いのオリキュレール 蝶の夢、人の幻  2贖いのオリキュレール 蝶の夢、人の幻 1Lantern Light Fairy Tales絡繰人形劇作家ユリシーズと彼を愛した悪魔コール・オブ・スカイ 黎明の翼を背負ったイカロス達

「気になる!」集計データをもとに表示しています。