こちらのアイテムは2022/5/29(日)開催・第三十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

駒場文学95号

  • イ-01 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • こまばぶんがく
  • 東京大学文学研究会
  • 書籍|A5
  • 152ページ
  • 500円
  • 2022/05/13(金)発行
  • 駒場文学、それは50年続く伝統ある文芸同人誌。

    1970年代より継続的に発行されている駒場文学は、研究者や作家を多数輩出する東京大学の学生を中心としたインカレサークル、東京大学文学研究会の機関誌です。小説、詩、評論を中心に、会員の紡いだ珠玉の作品たちをあなたに。今回はその最新号、95号を販売いたします。

    駒場文学95号、その内容特色。

    文学部で研究者や作家を志す学生から理系の学生まで、あるいは学部生から博士課程の学生まで。多様なサークル員が自分なりの「文学」を目指します。ジャンルは純文学中心ですが、その枠を超えようと様々な意欲作が集結。文学研究を志す学生の作品や、大学で得た学識を活かした評論が多いことも特徴の一つです。
    152ページに13万字とボリューム満点!価格も500円とお手頃です。ぜひ一度、立ち読みに来てください。

    内容・目次


    小説I

    がぶがぶ人間盛衰記     新荘直大 ………………………………………… 10

    海亀            鶴海子牛 ………………………………………… 20

    つみきの街         天草朗  ………………………………………… 26

    <title>Just=Souls=World</title><meta name="Miyazaki Naoto">……………… 34

    奇虫の夢          秋山悠  ………………………………………… 44

    飴細工のおどり       小径章  ………………………………………… 46

    漂流            張文經  ………………………………………… 52

     


    はらぐしゃり        小径章  ………………………………………… 66

    冬の森はとびさる      張文經  ………………………………………… 68

     

    評論

    反出生主義とエンハンスメント:『夏物語』善百合子をめぐって 小径章 ……74

    春をひさぐ:国木田独歩「少年の悲哀」論 小径章 …………………………… 80

    〈本当の顔〉と〈他者〉―仙田学「剥きあう」について 宮崎水鏡…………… 86

     

    小説II

    敗者の行進         宮﨑尚人 ………………………………………… 94

    睡蓮の画堂         宮﨑尚人 ………………………………………… 96

    ぞう、に、なる       新荘直大 ………………………………………… 100

    時は呼吸する        秋山悠  ………………………………………… 106

    淡く、青く、小さな、点   宮﨑尚人 ………………………………………… 114

    Reality of Time       宮﨑尚人 ………………………………………… 120

     

    作者紹介 ……………………………………………………………………………… 142

    活動紹介 ……………………………………………………………………………… 144

    編集後記         古本磨希 …………………………………………… 151

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

駒場文学95号駒場文学93号駒場文学92号駒場文学90号駒場文学89号駒場文学86号駒場文学85号駒場文学84号駒場文学78号駒場文学77号

「気になる!」集計データをもとに表示しています。