こちらのアイテムは2022/5/29(日)開催・第三十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

姪探偵対マダラの音楽隊

  • キ-04 (小説|ミステリー)→配置図(eventmesh)
  • めいたんていたいまだらのおんがくたい
  • ソルト佐藤
  • 書籍|A5
  • 52ページ
  • 300円
  • 2022/05/29(日)発行
  • 斑目町にある古ぼけた屋敷。 屋敷の近くに住む少女、石辺恋(いしべ れん)は、 真夜中にどこからか、笛の音が聞こえたり、奇妙な音が聞こえると語る。 そして、それは屋敷で見た幽霊のせいだと。 なりゆきで、この幽霊を退治するはめになった我らが姪探偵たち。

    屋敷を調査している中、姪探偵たちの前に、マダラの服を着た笛吹き男が現れる。
    笛吹き男は奇妙な音楽隊を率いていた。
    マダラの笛吹き男と音楽隊が屋敷の幽霊なのか?

    痛快娯楽本格推理小説、ここに開幕!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

姪探偵対マダラの音楽隊姪探偵登場!姪探偵対恐喝王姪探偵対腹踊り男人類の滅んだ世界の片隅で、犯『人』を指摘するメイドロボ先史時代のダイイングメッセージゆる密室□おーりさんをさがせ!

「気になる!」集計データをもとに表示しています。