こちらのアイテムは2021/11/23(火)開催・第三十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

Phototaxis Pixies / Os Canibais

  • ケ-09 (小説|百合)→配置図(eventmesh)
  • ふぉとたくしすぴくしーず
  • マキノ猶一
  • 書籍|A5
  • 148ページ
  • 500円
  • 2021/05/16(日)発行
  • <概要>
     第三十二回文学フリマ東京・コミティア136で頒布したユーゴスラヴィア魔法少女ノベルスシリーズ『Phototaxis Pixies』の3作目になります。 シリーズ作ですが特に前作とのストーリー上の繋がりはないのでどれから読んでも大丈夫です。

    <シリーズ紹介>
     第二次世界大戦から冷戦期にかけて東ヨーロッパに存在した社会主義国家ユーゴスラヴィアと戦後国際社会を舞台に活躍(暗躍)する6人の魔法少女たちを描いたヒストリカルでバイオレンスでポリティカルで時々サイエンスフィクションな殺伐かつ高湿度百合ノベルスシリーズ。 一話完結型なのでどれから読んでも問題ありません。大事なことだから二度言うぞ。

    <あらすじ>

     ソ連が宇宙を飛び、アメリカで公民権運動が燃えて、ベトナムで混沌が燻る一九六三年。 ユーゴスラヴィアの魔女ソフィヤとティアは訪米していたティトー元帥の護衛任務のついでに、外交官マルコの護衛任務を託される。杞憂だと溜息を堪えながら二人は外交官マルコに付き添いながら、彼の交渉相手だという事業家D・W・ベイツ氏の豪邸に案内される。 反米感情の強いソフィヤはベイツ氏に不信感を覚えるが、ティアはそうでなく二人の間で認識のズレが広がっていく。そこに豪邸を狙って不審な工作員が侵入してきて……。

    <注意事項>
      ・素人校正のため誤字脱字等あります。人間、限界がある。 ・差別的、暴力的、性的な表現が含まれます。当たり前だろ。
    以上の点、許せる方だけご購入のほどお願いいたします。

      <商品仕様> サイズ:A5 ページ数:本文148ページ 表紙&冒頭イラストページはカラー、本文は白黒印刷となっています。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

Phototaxis Pixies / Strange LoversPhototaxis Pixies / Os Canibais

「気になる!」集計データをもとに表示しています。