こちらのアイテムは2021/11/23(火)開催・第三十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

星のかけらをたべたら【豆絵本2019】

  • ウ-30 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • ほしのかけらをたべたら
  • 早稲田大学児童文学研究会絵本工作パート
  • 書籍|豆本
  • 24ページ
  • 300円
  • 2019/11/1(金)発行
  • 【既刊】【豆絵本】
    ニャンは見習いまほうつかい。ししょーがなかなかまほうを教えてくれないので、勝手にしゅぎょーに出てしまうニャンですが……? ストーリー作りから製本に至るまで、すべてサークル員の手で作られた豆絵本です。小さいお子さんにも楽しんでいただける内容となっています!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

鍵つきの断片【合同誌2021】お話、いかがですか?【評論集2021】染まらずに透く【合同誌2020】通り風に手を振って【評論集2020】彼にまつわる記憶たち【アンソロジー小説集2020】ひみつきち第9号【児童向け小説集2020】時速45kmの抒情【詩集2020】語らぬ星は月を羨む【合同誌2019】日の誘い 月の導き【評論集2019】壁の庭、神木の街【アンソロジー小説集2019】ひみつきち第8号【児童向け小説集2019】星のかけらをたべたら【豆絵本2019】