こちらのアイテムは2021/11/23(火)開催・第三十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

楽園

  • キ-36 (小説|妖怪・もののけ)→配置図(eventmesh)
  • らくえん
  • 宵待ブックス
  • 書籍|その他
  • 2020年5月刊 掌篇小説集『楽園』
    「僕らの愛はすべて母からもらった。やさしいお母さま。亡者の巣でただひとり、僕らの味方のお母さま。母の言葉を胸に進みます。」ーー【幼犬不滅序曲】より抜粋。

    テイストは耽美、背徳、メリーバッドエンド……分かりやすくて手をポンと打てるような、とんちの効いたお話はありません。(匂う程度ですがお話によっては、同性愛、近親相姦を思わせる表現が出てきます。)

     収録作品7つ
    (テーマとともにご紹介します)
    【小鳥の心臓】…喪失。
    【蝶の呪】…美の饗宴。
    【犬の血】…閉じた世界は甘美。ほんのりBL。
    【人魚の屑】…復讐。百合。
    【竜の盃】…愛の探求。わりとBL。
    【古龍の糧】…慈愛。
    【幼犬不滅序曲】…不滅のための道行。ほんのりBL。

    デザイン・装丁:まんまる◯
    著・発行:宵待ブックス

    本の一部に活版印刷を使用しています。活版ならではの質感や文字の凹みの翳りが、本の味をつくってます。本づくりは、デザインと活版印刷の工房まんまる◯さまにご依頼しました。
    この本はコミケと文学フリマでお披露目の予定でしたが、どちらも中止となり、発表の場がなくなってしまった本です。つくることだけは昨年より心に決めていたので書きたいものを存分に書いて形にしました(やっとお披露目できる……!)。執筆は2019年秋から開始し、2020年3月中旬にかけて推敲、完成させました。現在の情勢に影響を受けた内容ではございません。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

月下遊狸標本室楽園garden 花の海、言の葉の舟虎王と犬春かくれ月

「気になる!」集計データをもとに表示しています。