こちらのアイテムは2021/11/23(火)開催・第三十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ぼそぼそ声のフェミニズム

  • タ-16 (評論・研究|社会批評・政治経済)→配置図(eventmesh)
  • ぼそぼそこえのふぇみにずむ
  • 栗田隆子
  • 1,800円
  • 2019/06/10(月)発行
  • 就活・婚活、非正規雇用、貧困、ハラスメント、#MeToo……
    現在の社会が見ないようにしてきた問題を、さらには、それと闘うはずのフェミニズム理論や社会運動からすらこぼれ落ちてきたものを拾い集めて、つぶやき続ける――〈私〉が、そして〈あなた〉が「なかったこと」にされないために。
    「弱さ」と共にある、これからのフェミニズムのかたち。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

「養われること〜自立と依存の狭間で〜」わたしたちは常に競争させられている〜新自由主義とフェミニズム〜「モイライ〜紡績工場少女歌劇物語〜」『福音と世界』迷子な私たちの文字の庭〜もじにわ〜3号「呻き」「対話」「社会運動」ぼそぼそ声のフェミニズム気持ち悪い男〜リブ的運動内違和感ノート〜夢夜融合非正規・単身・アラフォー女性「失われた世代」の絶望と希望