こちらのアイテムは2021/5/16(日)開催・第三十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

戦う姫、働く少女

  • タ-17〜18 (評論・研究|現代思想・哲学)→配置図(eventmesh)
  • たたかうひめ、はたらくしょうじょ
  • 河野真太郎
  • 書籍|四六判
  • 240ページ
  • 1,800円
  • 2017/07/20(木)発行
  • ジブリの少女やディズニープリンセスは何と戦い、どう働いたのか。それは現代女性の働きかたを反映していた―。『逃げ恥』から『ナウシカ』まで。現代のポップカルチャーと現代社会を縦横無尽、クリアに論じる新しい文芸批評が誕生!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

緊縮ノスタルジアPOSSE vol.47ラグジュアリーコミュニズム大洪水の前に戦う姫、働く少女私たちの「戦う姫、働く少女」資本主義リアリズムなぜオフィスでラブなのか暗い世界