こちらのアイテムは2021/5/16(日)開催・第三十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

インビジブルノーツ

  • カ-01 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • いんびじぶるのーつ
  • 野堀ゆん
  • 書籍|A5
  • 56ページ
  • 400円
  • 2014/11/24(月)発行

  •  ピアノの音が聞こえると気付いたのは、放課後のことだった。


    放課後、音楽室から聴こえてきたピアノの音は、
    いつも目立たないクラスメートが弾いていたものだった。
    教室では接点のない彼女と、ピアノを通じて交流を深めるのだが……。
     少女漫画風を目指したお話。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

星の声を聴く子ども(仮)竹林を連れた美女宙にひびく星のおしゃべり星の子かくれんぼタイムマシンの書いちごミルクは夕立のあとでカレーうどん・カレーラーメン論争顛末記What a fantastic world!avaruus*星少年インビジブルノーツはなといろ過ぎ去りし日々のために「往復書簡の返事」のように長ゼリフを覚えてなきゃな空中庭園Clicheil gabbiano子どもには知らなくてもいいことが、ある。メトロフリークス

「気になる!」集計データをもとに表示しています。