こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ビデオゲーム史を巡る冒険シリーズ2 オホーツクに消ゆ

  • チ-31 (評論・研究|アニメ・マンガ・ゲーム)→配置図(eventmesh)
  • びでおげーむしをめぐるぼうけんしりーずに おほーつくにきゆ
  • qbert
  • 書籍|A5
  • 30ページ
  • 700円
  • 2019/12/31(火)発行
  • ■本書について

     1984年末にPC-6001/PC-8801版がリリースされ、以降MSX、ファミコン、PC-9801などさまざまな機種に移植された『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』。『ドラゴンクエスト』シリーズなどでおなじみのゲームクリエイター・堀井雄二氏が原作・シナリオを手がけた重厚な推理サスペンスは、当時の国産アドベンチャーゲームの水準を一気に押し上げ、現在も多くのファンを有しています。
     本書は『オホーツクに消ゆ』の誕生に深く関わったPCゲーム雑誌「ログイン」の元編集者、宮野洋美、塩崎剛三両氏に、当時のいきさつをそれぞれ伺ったインタビューをまとめたものです。堀井氏とは異なる角度からの制作エピソードであるとともに、当時のメディアがゲーム業界内で果たしていた積極的な役割も垣間見える内容です。

    ■「ビデオゲーム史を巡る冒険シリーズ」について

    かつて時代を彩ったテレビゲームタイトルの制作に携わったものの、当時を顧みる証言を発信する機会が少ない人物へのインタビュー取材まとめです。テレビゲーム史を整理・研究する際のサブテキストとしてご利用ください。
    ※これらの制作および公開は、基本的に話を伺ったご本人に許可をいただいた上で行っています。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ビデオゲーム史を巡る冒険シリーズ 2051年のゲーマー達へビデオゲーム史を巡る冒険シリーズ1 黄金の墓ビデオゲーム史を巡る冒険シリーズ2 オホーツクに消ゆお父さんのPCクエスト#1 Good Days,Bad Days

「気になる!」集計データをもとに表示しています。