こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

虐殺刑事 渡蒼

  • カ-11 (小説|SF)→配置図(eventmesh)
  • じぇのさいだーわたりあおい
  • ねるねるねるね
  • 書籍|B6
  • 36ページ
  • 500円
  • 2019/11/24(日)発行
  • 今から二十年前――全国各地において、一斉に小学生の男女が誘拐されたという大事件が起きた。
    その数は占めて五百六十五人。
    その内二百三十名が後に無残な遺体として発見され、三百十三名が怪我の大小はあれど解放された。
    残りの二十二名は未だに生死不明とされており、未だにその全容は解明されていない。
    というのもその誘拐事件が個人ではなく団体で行われたと思わしき点と、もう一つ。
    当時生還した児童が揃って不可解なことを話したこと。 『島へ行った』『精製された』『青い光を見た』と――生還した児童が全員が全員同じことを話すため、彼らのことはアイランドチルドレンと呼称されるようになった。
    当初はその事件で生還した児童たちは奇跡だと持て囃されたが、やがてそんな話も聞かなくなり子供たちも成長した。
    ――まさか子供たちには“殺戮因子”が投与されていたなんて、誰も知る由は無い。

    SF要素もある刑事物の現代小説、一冊完結です。
    (全年齢の範疇で、卑猥かつ猟奇的なシーンがあります)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

虐殺刑事 渡蒼2虐殺刑事 渡蒼君に捧げる97マイルCODE:AMBIVALENT 番外編 −否定した未来−CODE:AMBIVALENT 番外編 −日が昇るまで−CODE:AMBIVALENT 02 −命の使い道−CODE:AMBIVALENT 01 −君は僕だ−LOST UNIVERSE RE-04LOST UNIVERSE RE-03LOST UNIVERSE RE-02LOST UNIVERSE RE-01

「気になる!」集計データをもとに表示しています。